2011年02月23日

Coffee Break182 主の例祭の背景(レビ記23章)




 現代イスラエルで使われているユダヤ歴では、イスラエルのラビ(ユダヤ教の聖職者)が聖書の天地創造から計算して、ことし(2011年)は5772年になるそうです。
 
 これは一つの解釈だと、私は思います。じっさいには、アブラハムの召命や出エジプトの年が、正確にわかるのではないからです。天地創造がいつ始まったかは、人間にはわからないのではないでしょうか。聖書は人類誕生以前、神様が世界をお造りになるところから始まっているのです。
 クリスチャンは、ご存知のように今世界中共通として使われている西暦を用いています。
 西暦は、BC(Before Christ、イエス様がこられる以前)とAD(Anno Dominiアノ・ドミニ、主の年に)の略号で表されます。
 
 
 私たちクリスチャンは、もちろん、天地創造の神が宇宙や人類をお造りになったことを信じています。

 ただ、聖書の神様を信じているにもかかわらず、私たちが聖書を読んでいくのを必要以上に難しく感じさせている要素は、いくつかあると思います。
 たとえば、
 ●聖書の世界の気候風土や地理がよくわからない。
 ●聖書の背景となっている時代の暦や産業、文化などの社会背景が理解しにくい。
 ことなどです。 

☆☆☆☆

 過ぎ越しのまつりは「第一の月の十四日」(レビ記23章5節)です。
 第一の月とは、いまの西暦のカレンダーで、四月ごろになります。過ぎ越しの日から七日後に、最初の大麦の収穫が始まります。
 七週と一日たった五十日後、今度は小麦の収穫です。この間が、春の収穫祭です。
 この五十日目が五旬節と言われ、新約聖書の時代には、この日に、ペンテコステの聖霊降臨(新約聖書、使徒の働き2章)がありました。
 レビ記にあるイスラエルの収穫祭は、ですから、四月から五月にかけて行なわれるものです。これは、秋に稲の刈り入れをする日本と反対です。穀物が麦なので秋に植えて、春に刈り取るからです。

 第七の月の十日・贖罪の日は、秋の季節です。同じ第七の月の十五日に、仮庵の祭り(レビ記23章34節〜43節)が始まります。これが同時に、秋の収穫祭になっています。秋には数々の木の実やぶどうが実るのは、日本と同じです。


☆☆☆☆

 牧畜になじみが薄い日本では、「乳と蜜が流れる地」(約束の地カナンのこと)という表現も、ぴんと来ないかもしれません。あふれるほど乳が搾れること、蜜がしたたるほど取れる土地が、古代のイスラエルの民の夢の土地だったのでしょう。家畜が丸々太って家畜の仔が増える環境でなければ、乳も取れないのです。また、蜜が豊かであることは、花々が咲き乱れる美しい自然を象徴しています。

 同じように、日本では、豊かな食物と自然の象徴として、「瑞穂(みずほ)の国」と言いました。みずみずしい稲穂が金色に光ってどこまでも続いている光景、それは日本の国の秋の、まばゆいばかりの美しさを表現している美称でした。

 食物にする動物についても、感覚が違います。犠牲の羊をほふるのを、「野蛮」「気持ちが悪い」という人がいますが、日本人が好きな「魚のかぶと煮」「活け造り」「おどり食い」などを、気持ち悪いと感じる文化もあるのです。
 私たちは、聖書を理解するために、聖書の背景を理解するとともに、日本の国に置かれたものとして、自分の文化に適用させながら読むと、よりたしかな深い理解ができるのではないでしょうか。


☆☆☆☆

 聖書理解の方法に関連していますので、このブログのおすすめリンク、佐々木先生のサイト「聖書を読むぞー」、2月22日分の記事をお借りしたいと思います。

 聖書を読むとき、単に面白い物語だとか、興味深い歴史だとか、忠実に伝えられてきた古代文書だとかいうような読み方ではなく、「今読んでいる自分に語りかけているもの」として読むことが大切です。数千年前に聖書が書かれたとき、それらを直接書いた人たちには思いもよらなかったことだとしても、彼らの心を動かして書かせてくださった神は、21世紀になってから読む人たちをも、始めから念頭に置いておられたのです。つまり、聖書は、21世紀に生きる人々に向けても書かれているのです。

 ただし聖書は、あくまでもそれが書かれた時代に生きていた人たち、その当時の人々を第一の対象として書かれていることを忘れてはなりません。その当時の言葉、文化、習慣、世界観、政治意識、社会感覚、科学的知識を背景に、彼らが直面する問題について、彼らにわかり易く書かれているのです。ですから現代の私たちが、そこに自分たちの民主主義の理念を持ち込んだり、なにごとにつけても金銭感覚で動く現代資本主義の習慣を持ち込んだり、グローバリズムの世界観や政治意識を持ち込んだり、波風が起きないように上手に世渡りをする社会常識や、素朴な情緒や文学的な表現の中に科学知識を持ち込んだりしては、正しい読み方ができなくなってしまうのです。

 

posted by さとうまさこ at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。