2011年06月25日

Coffee Break296 食物規程(申命記14章)




 申命記14章は、食べ物についての定めに言及しています。これは、レビ記11章に対応しています。(Coffee Break163、164参照)

 以前にも書いたのですが、食物禁忌をわざわざおきてとしてしるしているのは、今の時代のように、栄養問題、グルメ志向のためではありません。国家の食料計画のためでもありません。
 食べてはいけないと決められている動物を見てみると、その第一は、神の目からごらんになって「聖くない動物」だからです。

 なぜ、聖くないのかは、私には正確にお答えすることはできません。
 
 食べてよい獣(大型動物)は、牛、羊、やぎ、鹿、かもしか、のろじか、野やぎ、くじか、おおじか、野羊。(申命記14章4節5節) 
 ひずめが割れているもので、反芻するものは、すべて食べることができる、が、そのうち、野うさぎ、らくだ、岩だぬきは、ひづめが割れているかどちらかなので、食べてはならないと、書かれています。

 同じ理由で豚も食べてはならないと決められています。ひづめは割れているが、反芻しないとの理由です。

 これらの規程は、いかにも野生動物が身近で、その上、食べる人みずから解体したことがなければわからない事実です。
 まさに、聖書は、最初、書かれた時代の人にあてて、その人たちの理解しやすいように書かれたということが分かるのです。

 ☆☆☆☆


 神の目からご覧になって、食べてよい動物を見てみると、繁殖力が旺盛な草食動物、とりわけ、飼育できるものであるのがわかります。
 食べてはいけないもののほとんどが、肉食動物、猛禽類で、これらは食物連鎖の頂点をなすものです。食物連鎖の頂点をなす動物は数が少ないだけではありません。それらは、草食動物や害虫の数を制限し、生態系(自然)の秩序を維持するわけです。

 日本でも、たとえば野生の鹿が増えて、間引かなければいけないと問題になったりしました。日本の場合は、森林伐採など自然破壊も関係しているのですが、本来、鹿を狩って生きていた狼などを、絶滅させてしまったことも鹿の大幅な繁殖と無関係ではないと言われています。

 
 食物になる植物のうち、収穫するものはその十分の一を必ず毎年ささげなければいけない。(申命記14章22節) 

 畑に植えるものは収穫が比較的容易に計算できたのです。収穫物の一割と言うのは、その後、たとえば、什一などと言われる献納物の基準になったのでしょう。

 これを税金だと考えれば、かなり安い気がします。日本の江戸時代の年貢は、安くて三公七民、ふつう四公六民くらいだったそうです。
 もっとも、イスラエルは牧畜と農業が抱き合わせの生産体制だったようです。麦やぶどう、オリーブ油以外に、牛や羊をささげたのです。一概に、比べることはできません。
 

 ☆☆☆☆

 ホッとするのは、食物規程に、ささげ物や納税の規程だけでなく、必ず、貧しい人への配慮があることです。

 三年の終わりごとに、その年の収穫の十分の一を全部持ち出し、あなたの町囲みのうちに置いておかなければならない。(28節)

 あなたのうちにあって相続地の割り当てのないレビ人や、あなたの町囲みのうちにいる在留異国人や、みなしごや、やもめは来て、食べ、満ち足りるであろう。あなたの神、主が、あなたのすべての手のわざを祝福してくださるためである。(29節)

 
 じっさい、ひもじい暮らしをしている人は、この三年目をどれほど待ち望み、喜んだことでしょう。そうするのは、道徳的慈善ではない。そうすることで、主があなたの手のわざを祝福してくださると言うのが、聖書の世界です。





posted by さとうまさこ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。