2011年01月24日

Coffee Break154 大寒






   居並んだ家々 にわかに翳(かげ)りゆく 冷たさが降る 夕陽押しのけ



   寒中お見舞い申し上げます。


 少し日が長くなりましたが、寒さはまだまだ続きます。今は(今月二十一日から)、大寒に入っています。これが、二月四日の立春まで続きます。その前日の二月三日、節分の頃が、一番寒いですね。もっとも、クリスチャンは、寒さもまた、神さまのみわざだと受け止めています。


       風うなる 空見上げれば 宇宙あり
     風うなる 青空ひかる きらきらと
     グランドに 冷気よこたう 睦月(むつき)かな
     冷たさの 頬にとどまる 昼下がり

     山茶花を 打ち砕くよな 寒気(かんき)張り
     山茶花の 面(おも)垂れている 小正月
     山茶花の ちぢみふるえる 大寒波
     山茶花を 打ち砕くよな 寒波立つ

     裸木に 夢見る春よ あと三月(みつき)
 


 寒い時には、食べ物の煮える音が心にしみます。
  
     小豆煮る 時を刻んで 湯気のぼり
     小豆煮る ふんわり甘い 狂おしさ
    

     窓際で  祈る手のひら 冬日をすくって



 悪い風邪などが流行らないように、お祈りしています。
 聖書は、明日からレビ記に入ります。また、お訪ねくださいね。

                       さとうまさこ



【関連する記事】
posted by さとうまさこ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182122676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。