2011年04月01日

Coffee Break218 モーセとアロンとレビ人(民数記18章)


 

 コラの一味と指導層の代表者たちによるモーセとアロンに対する反乱は、とても悲惨な結果を招きました。(民数記16章)
 一万四千七百人が死ぬという結果に対し、私たちは、それでも腑に落ちないものを感じないでしょうか。今の時代なら、クーデターや革命や、あるいは政権交代の理由は、一応目に見えるものとして説明できます。政権が変われば福祉が良くなるとか、税金が安くなる、不公平が是正される、教育が充実するなどと思うわけです。

 民数記の中で、イスラエルの民が集団で決起して、モーセとアロンに逆らったのも、実際的ないろいろな憤懣や要求と背中合わせであったのでしょうか。

 生まれたばかりのイスラエルの国には、領土がなかったのです。荒野は、あまり住人はいなかったかもしれませんが、自分たちの領土ではありませんでした。すでにそこで生活している人たちもいたことでしょう。そのような場所で、いったいどのような生業で食べていたのでしょう。
 彼らの父祖アブラハムやイサク、ヤコブは、遊牧をしながらカナンを行きめぐり、家畜の数を増やして豊かな族長になって行ったのです。
 しかし、エジプトから出てきて荒野をさまよう民は、膨大な人数を抱えており、彼らの先祖のように豊かな生活は望むべくもありませんでした。

 
☆☆☆☆
 
 この反乱には、もっと根源的な原因があったように思えます。

 カナン偵察に行った十二人の内、十人は「そこを征服することはできない」と、報告したのです。それは、神・主の怒りに触れました。その報告を聞いて泣き、エジプトに帰ろうと言った者たちは、「けっしてカナンに入ることはできない」と宣告を受けたのです。


 荒野で四十年間留め置かれて、結局カナンに入ることができないと宣告された民は、希望が持てたでしょうか。その後、悔い改め、神にお詫びするために、ささげ物をした民は大勢いたことでしょう。
 このとき、民は幕屋に入れない自分たちの立場に、苛立ったのではないでしょうか。何とか、神様に直接お会いして自分の気持ちを訴えたいと思ったことでしょう。
 コラたちはそうした民の不安や、霊的渇きに力を得て、反逆したのではないでしょうか。


 彼らは集まって、モーセとアロンとに逆らい、彼らは言った。
「あなたがたは分を越えている。全会衆残らず聖なるものであって、主がそのうちにおられるのに、なぜ、あなたがたは、主の集会の上にたつのか。」(民数記16章3節)


☆☆☆☆


 さて、民数記18章は、次のように始まります。

 そこで、主はアロンに言われた。
「あなたと、あなたとともにいるあなたの子たちと、あなたの父の家の者たちは、聖所にかかわる咎を負わなければならない。(民数記18章1節)
 しかし、あなたの父祖の部族であるレビ族のあなたの身内の者たちも、あなたに近づけよ。彼らがあなたに配属され、あかしの天幕の前で、あなたと、あなたとともにいるあなたの子たちに仕えるためである。(2節)


 主がモーセを差し置いて、直接アロンに話されるのは、異例のことです。
 これは何を意味するのでしょう。出エジプトの始めから、モーセは神が特別に選ばれた神の器──預言者でした。モーセなくしては、イスラエルの民のエジプトからの救出はなかったのです。その上で、十戒が与えられ、シナイ契約が成立し、神政政治国家イスラエルが発足してからは、祭祀制度が新しい国のシステムの中核に定められたのです。
 神はそのシステムの下で、イスラエルをカナンに入れ、全人類の祝福の器となる民族をお造りになるご計画だったのです。

 モーセやアロンはいずれ死ぬ者ですが、祭祀制度は新しい契約が結ばれて幕屋が廃止されるまで(イエス様が来られるまで)、存続し、神と民を結び、神の民を鍛え上げる中核となるはずのものです。

 神が直接アロンに話しかけたのは、すでに神のご計画が新しい局面に入っていたことを意味しているとも受け取れます。
 
 じっさい、モーセは稀有な預言者でしたが、人間的な意味で彼が報われたかどうかは、疑問です。彼の子どもたちは祭司の仕事を、受け継ぐことはありませんでした。彼らはレビ人でしたから、祭司の下働きをするレビ人と同じ報酬は得たかもしれませんが、なにひとつ記されていないのです。

 そして、それゆえ、私たちはモーセを見上げるのです。



【関連する記事】
posted by さとうまさこ at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Coffee Break | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193501253
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。